デート代はワリカンにするべき?男性が奢るべき?29人の男性に本音を聞いてみました

デート代はワリカンにするべき?男性が奢るべき?29人の男性に本音を聞いてみました

みなさんは、「デート中の支払いは割り勘したい派」ですか?それとも「彼氏に奢ってもらいたい派」ですか?

人によってお金に対する価値観が違うからこそ、デートするたびにお金に対して不安になる…なんて女子もいると思います。特に彼との結婚を考えている女子だと、余計に分からなくなってしまいますよね。いつも奢ってくれる彼氏には申し訳なく感じ、逆に、コンビニで買ったアイスすらきっちりと割り勘されてしまうと、「彼女として意識されていない…?」と感じたり、「もしかして、本命じゃない?」と思う事もあるでしょう。

男性のちょっとした反応や態度を見ても、そう簡単に相手に心は読めません。

デート中の支払いが割り勘であるべきなのか?男性が奢るべきなのか?という議論に対して、正しい答えを見つけるのは難しいですよね。交際中でも婚活している時でも、相手と100%価値観が合っていないからこそ分からないものなのです。

少しでも不安な気持ちを解消するためには「奢る彼氏」の心理と「割り勘する彼氏」の心理を見ていくことが大切です。心の中でどう思っているのか何となく把握しておくだけでも、二人にとって最適な方法が見つかるかもしれませんよ!

デート中の支払い割り勘しているカップルが多い!?彼氏の本音とは?

「デート中の支払い割り勘するべきかどうか」、について悩んでいるカップルが多いのは確かですが、実は最近、割り勘しているカップルが増えてきているという事はみなさんご存知でしたか?「マイナビウーマン」が実地した、22歳~34歳の働く女性を対象にしたアンケートでは、176件のうち「割り勘派」がなんと43.7%という結果が出ているのです!
出典:デート代は、割り勘or彼のおごり?⇒割り勘は43.7%! – マイナビウーマン

つまり、「男性が奢って当たり前」なんていう時代は徐々に変わってきているという事。これは、驚きですよね!

そこで今回は、何故そのような男性が増えてきているのか、女子には分からない「割り勘派」の男性の意見を聞いてみました!大学生が8名、20代が11名、そして30代が10名と計29名の男性陣から本音を暴露してもらいましょう。そこには想像のできない深い理由がありましたよ。

大学生の男性は「お金がない」という意見が90%

それではまず初めに、大学生男性の意見から紹介していきます。学生の男性は、やはり「お金がない」という意見が圧倒的に多いという結果になりました!今回、8名の男性に話を聞いてみましたが、8名のうち7名の答えがまさに、価値観どうこうというよりも「お金がなくて・・・」という金銭的な問題だったのです。「大学生はお金がない」とよく耳にしますが、まさにぴったり当てはまったいますよね。実際に生の声を見てみましょう。

男性の吹き出し

大学生はお金がない。これは、誰もが知っている事。男子とか女子とか関係なく、どんな大学生に共通して言える事だけど、みんな必死にバイトしてる。それでも生活費がギリギリで、本命でも彼女に奢ってる余裕なんてない。デート代を奢るんじゃなくて、そもそもお金がかかるデートをしない事が多いかな。彼女と二人で1000円ランチに行くだけでも贅沢。(18歳学生)

確かに、大学生に取っては男子も女子もお金がないという事が何よりも大きな問題という事が分かりますよね。今まさに、大学生だという女子はその気持ちが分かると思います!

男性の吹き出し

デートにいくたびに奢っていたら、破産しちゃうよ!僕の彼女はファッションは特にブランド物が大好きだから、記念日とか誕生日とか、クリスマスのためのお金貯めなきゃいけないしね。お金がないのはみんな一緒。男だから、女だからって、もはや関係ないよね?(20歳学生)

言われてみると、確かに納得いく意見ではないでしょうか?大学生は大学生。男子も女子も関係なく、社会人と比べて収入が低いのは当たり前ですよね。ここでもう一つ、変わった意見を耳にしたので紹介していきますね。

男性の吹き出し

彼氏として奢るべきなのか奢ってもらうべきなのか、いろんな意見があると思うけど、なんかそのような議論すらすごく不愉快に感じる。奢るのが当たり前だと思っている男子、奢られるのが当たり前だと思っている女子。奢らない男子は愛がない、とかよく聞くけど、だったら奢らない女子も愛がないって事?つじつまが合わな過ぎて話しにならないよ。(19歳学生)

こちらの意見を言ってくれた大学4年生の男性。なんともごもっともな意見・・・。確かに、「割り勘=愛されていない」という考えは理屈が通っていないのかもしれません。

もちろん、「大好きな彼女だからこそ奢ってあげたい!」、と思っている男性も中にはいると思います。ですが、深く考えてみるとやはりこの「奢る」という行為を少し見直す必要があるのかもしれませんね!特に大学生は、やはりお金がないもの。男性も女性も、お金がない事には変わりがないと頭の中に入れておくと良いかもしれません。

20代の男性は「付き合う前は奢る」という意見が40%

続いて、20代男性の意見を紹介していきます。20代男性は、交際前と交際中でデート代を奢るのかどうか変わる、という意見が最も多いという結果になりました。今回、11名の20代男性に意見を聞いてみましたが、そのうち4名が「交際前は奢る」という意見を持っていたのです!どういう事なのか、詳しく紹介していきますね。

男性の吹き出し

社会人になれば、どんな人も好きな女性に奢ると思う。正直、下心がある人もいるんじゃないかな?特に社会人デビューしたばかりの頃だと、見栄も張りたくなりしどうしても褒められたいものだよね。でも、その子が本命になって付き合い始めたら、割り勘するカップルも多いんじゃないかなぁ。僕なんかは、彼女の方からそう提案された。確かに、本気で交際するってなるとお金もかなりかかってくるし、同棲とかを考えるとどこかで見切りはつけなきゃいけないからね。(26歳会社員)

男性の吹き出し

付き合うってすごく良いきっかけだと思う。付き合うまでは奢るけど、付き合い始めた事をきっかけに割り勘にするべきじゃない?そんなにずっと奢り続けたら、貯金できなくなっちゃうよ。彼女と二人でご飯を食べに行くだけでも、1万円超えるのに・・・。(28歳会社員)

こちらの意見もなかなかリアルな言葉ですよね。交際前は奢るのが当たり前でも、付き合い始めたら自然に割り勘になる20代カップルが多いのかもしれません!もちろん、中には「付き合う前から割り勘」というカップルもいるので、意見を見ていきましょう。なかなか納得のいく意見がありましたよ。

男性の吹き出し

社会人になってすぐ、彼女ができたけど僕は最初から割り勘だったかな。もちろん、アプローチしたのも僕だし、告白をしたのも僕だけど、会社の同期だったから・・・。二人とも同じ給料を貰っているのに、何となく奢るっていうのも違和感があったのかも。ランチとかでも二人でご飯を食べに行って普通に割り勘だったから、ちゃんとデートに行った時も全部割り勘だった気がする!あ、一回だけ映画館のチケットを奢った事はあるけど。(24歳会社員)

20代や社会人になったとは言え、同期だったら確かに話が変わってきますよね。逆に、奢りたいと思っていてもタイミングが掴めないという男性もいるのかもしれません。

30代の男性は「収入が変わらないから」という意見が50%

それでは最後に、30代の「割り勘派」男性による意見を見ていきましょう!傾向としては、「彼女と収入が変わらないから割り勘」という意見が半分でした。

男性の吹き出し

僕は後輩とか年下の友達とかには奢るけど、彼女とデートに行った時には順番で全部出してるかな。僕が全部払う時もあるし、彼女が全部払う時もある。お金に関しては彼女とちゃんと話をした事がないけど、暗黙の了解だよね。恋愛って、お互い尊重し合う事が大切であって、奢るとか奢らないとかって話じゃないと思う。彼女も僕と同じくらい収入がある訳だし、バランスを取らないとね?(35歳会社員)

男性の吹き出し

年収がどのくらいか、なんて話はした事ないけど、彼女が買うブランドとかお金の使い方を見ると何となく年収も想像できる。営業だし、もしかしたら僕より稼いでいるかも・・・。どっちにしろ、たぶん収入はほぼ変わらないからデート代も割り勘!大人の交際ってこうゆうものだと思う。お互いお金がない訳じゃないし、この年になると愛の示し方って他にもたくさんあると思う。(32歳美容師)

年齢が近い30代カップルは、割り勘をする傾向があります。よくよく考えてみると、確かに収入が変わらないのであれば一人が負担する必要性も分かりませんよね。もちろん、年の差カップルの興味深い意見がありますよ!

男性の吹き出し

僕の彼女は6歳年下の24歳。社会人になったばかりなんだけど、本当に彼女は立派だと思う。すごく真面目で何事も一生懸命で、お金に関してもしっかりしている。もちろん、何度か奢った事はあるけど必ず違う形で返ってくる。(30歳会社員)

年の差カップルでも、やはり割り勘するカップルはいるみたいですね。このカップルは、どちらかというと彼女が割り勘を推しているそう。どんなに彼氏が年上でも、女性ならではのプライドがあるのかしれません!自立している女性なのかもしれませんね。

デート代をおごる彼氏には、さまざまな心理がある!

抱きしめられる女性

 

逆に、割り勘せずに奢る男性の心理も気になるところ。毎回デートをする時に奢るという男性の心理は、実は一つではありません。ただ単に、「奢る事が当たり前」だと思っていない男性もいますよ!

そもそも奢る事が当たり前だと思っている

男性の中には、そもそも奢る事が当たり前だと思っている人もいるでしょう。

男女の関係以外でも、日本ではまだまだ奢る文化があります。一般的なのが、「先輩が後輩に奢る」ですよね。これは、相手が自分より収入が低いという事を分かっているからこそ、奢るのが当たり前だという文化があるのです。

男子が本命であってもなくても、女子に奢る事が「当たり前」だという文化は、この文化と少し似ています。女性が積極的に働き始めたのはここ最近。昔の女性は専業主婦の人が多く、徐々に女性が活躍できる社会へと変化してきました。ですが、それはやはりまだまだ弱く企業によっては「男性だから収入が高い」事もあります。

男性の方が多い企業や、女性よりも男性を求められる企業で勤めている人は恐らく「男性が奢る」という文化が残っている事でしょう。

また、私たちの性格や考え方というのは生まれつきの部分もありますが、実は環境も大きく影響されます。例えば、育った環境で女子にはドアを持ってあげたり奢ってあげたり、家まで送り迎えをするという文化が当たり前だったのであれば、自然とそれが「当たり前」になりますよね。自分のお父さん周りの男性が奢る姿を見てきた育った人もいる事でしょう。

自分にとっての「当たり前」は、成長しても変わりません。むしろ、その人の基盤や価値観になっていくんです!だからこそ、「なぜ奢る必要があるのか」と改めて考える事もなく、自分が教わった通り大切な女性には奢るのかもしれません。

プライドが高く、見栄を張っている

みなさんは、プライドが高い男性と付き合った事はありますか?

プライドが高ければ高いほど、実は周りの目を気にしてしまうのです。もちろん、交際している女性や好きな女性の前ではクールでいたいという気持ちもありますが、それだけではありません。彼女だけではなく、周りの人からも評価されたいという気持ちが心の底ではあるのです。

例えば、彼女と二人でレストランに行ったとしましょう。食事も終わり、お会計をする時に「割り勘」となると彼女だけではなく周りがどう思っているのか気になります。「店員に、ケチだって思われえるかな?」という考えが一度でも頭をよぎってしまうと、やはり奢るという結果になるのです。

プライドが高い男性は、逆にこちら側から「半分出そうか?」なんて言ったら逆切れする可能性があります。後から「恥じをかかせないでくれ」なんてグチグチ言う男性も中にはいるでしょう!

ただし、もしプライドや見栄が理由で割り勘にしないのであれば、それはそれで受け止めてあげるべき。女性も男性もそうですが、一般的にはあまりにもブランドにこだわりすぎる人、意見を絶対に曲げない人、またどんなに自分が悪くても謝らない人はプライドが高いと言えるでしょう。

あまりにもおごり続けてきたため、今さら割り勘にできない

奢る男性の最もありがちな心理が、実は「今さら割り勘にできない」です。

先ほど、割り勘する男性の意見を見ていきましたが、20代男性の傾向として「交際を始めたら割り勘」という特徴がありましたよね。このように、上手にタイミングを掴んで自然と割り勘にする人もいれば、そのタイミングを逃してしまう人もいます。付き合い始めた途端、「さ、今日から割り勘ね!」なんて簡単に言えないですよね。

奢りたいという気持ちを持ってる訳でもなく、むしろ割り勘にしたいと思っていても「今さら感」があるのかもしれません。男性の立場を考えてみると、悩みどころですよね。彼女に嫌われたくないからこそ、奢るのも平気なふりをしている可能性もあります。

何年も一緒にいるカップルは違うかもしれませんが、付き合い始めて数か月しか経っていないカップルは直面する問題かもしれませんよ!

実は何か隠し事がある

みなさんは、「奢る」という行為を疑った事はありますか?「男性は奢るのが当たり前!」だと思っている人も中にいるかもしれませんが、一度立ち止まって考えてみてください。なぜ、毎回彼は奢ってくれるのでしょう?それは本当に、ただの好意なのでしょうか?

先ほどご紹介した心理も確かにあり得る理由ですが、実は隠し事をしている可能性というのも当然ながらあります。あなたには言えない事あって、その罪悪感から解放されるために奢っているのかもしれません。

そこでありがちなのが、浮気です。

「まさか、彼に限ってありえないよ!」と思っている女子も中にはいると思いますが、本当にそうでしょうか?

多くの人は、悪い事をしたら罪悪感を感じます。例えば、彼に嘘をついた時の罪悪感などは簡単には消えませんよね。

だからこそ、デート代を奢る事によってその罪悪感をもみ消している男性も実は多くいるのですよ。本心では、「これで、おあいこ」なんて思っている可能性も十分にあり得るのです。

もちろん、すべての男性にこのような心理があるとは限りません。ですが、彼氏が奢ってくれる事に対してあまりにも浮かれてしまうと、裏にある彼の顔を見逃してしまう事もあるので注意が必要です。

奢る事が愛情表現だと思っている

愛情表現は、とっても難しいもの。好きな女性にどう愛情表現すれば良いのか分からない男性も、当然ながらいる事でしょう。

例えば、抱きしめてあげるのが愛情表現だと思っている人もいれば、相手が仕事から帰ってくるタイミングに合わせてご飯を用意してあげる事が愛情表現だと思っている人もいます。

ほとんどの場合、お金で愛を買う事はできませんが、愛を伝えるためにお金を使う事はできますよね。愛している女性に高級なバッグを買ってあげたり、旅行をプレゼントしてあげたり、お金があるからこそできる愛情表現はたくさんあります。その一つがまさに、「奢る」という行為。

特に、内向的な男性や自分の感情を伝える事が苦手な男性はどうしてもお金に逃げてしまうもの。もちろん、これは悪い事ではありませんが女性として「当たり前」だと思うのは非常に危険です。奢ってくれる事が当たり前になってしまうと、お金以外の愛情表現を求め始めるでしょう。例えば、「もっとキスしてほしい。」「もっと一緒に過ごす時間を作ってほしい。」など。

その気持ちをどんなに彼に伝えようとしても、彼に取っての愛情表現が「お金」なのであればあなたの想いも届きにくくなってしまいます。もし彼との結婚を考えているのであれば、これは大きな問題ですよ。

彼にとって、お金が愛情表現なのであれば、一度彼としっかり話をしてみてください。自分にとっての「愛情表現」が何なのかしっかり伝えてあげると、彼もきっと分かってくれるでしょう。

相手と同等なパートナーシップを築くためには、デート中の支払いを割り勘にするべき

割り勘する男性の心理と、奢る男性の心理を見てきましたが、みなさんはどちらの方が良いと思いましたか?

冒頭でもお伝えしたようい、正しい答えはありません。プライドが高い男性や、どうしても見栄を張ってしまうような男性の場合、逆に割り勘を提案してしまうと傷付く可能性があります。これは価値観の違いなのでしょうがないですよね。

ただし、同等なパートナーシップが築きたいのであればデート中の支払いを割り勘にする事がおすすめです。その理由を見ていきましょう。

お金はあらゆるトラブルのきっかけになる

奢るという行為は、ただ単にお金を出すという事ではありません。そもそも、世の中「ギブアンドテイク」。残念ながら、すべてが善意や好意で行われる訳ではないのです。

純粋に、あなたの事が大好きだから奢るという男性もいると思いますが、お金はあらゆるトラブルのきっかけにもなります。例えばある日、彼と大喧嘩をしたとしましょう。ブチ切れた彼が、「お前にはもうこりごりだ!今までお前に使ったお金は返済してくれ!」と言ってくる可能性もあり得ますよね。もしくは、あなたがどうしても嫌だという事に対して「いつも奢ってあげてるんだから、良いでしょ?」と言ってくる可能性もあります。

そう考えてみると、どのようなトラブルの中心にもやはりお金が常に立っています。どんなに絆が強い親子でも、親が借金を抱えて逃走した・・・なんて事になると関係も簡単に崩れてしまいます。そのくらい、お金は繊細なテーマなのです。汗水たらして働いて、手に入れたお金なのだから当たり前ですよね。

結婚した後にお金のトラブルにならないためにも、しっかりと話し合う事が大切なのかもしれません。

彼氏に負担がかかってしまい、関係にひびが入る可能性がある

お金というのは、何よりも負担がかかります。

お会計はすべて彼に任せているという人は、一度その負担についてよく考えてみた方が良いかもしれません。「男は負担してなんぼ!」と考えている男性も確かにいると思いますが、本当に任せきりで大丈夫ですか?

確かに、付き合い始めたラブラブな頃や、交際前は彼もあなたから好かれたくて必死になるでしょう。ですが、その気持ちがいつまでも続く訳ではありません。付き合いが長くなり関係が深まると、自分の彼女に対しての「好き」という気持ちよりも「お金」に対する不安が増えてくるう可能性があるのです。

そうなると、必然的に関係が終わってしまいます!人の価値観は変わっていくもので、それもすべて「これ以上、お金を出すのが嫌だ」から。これは、相手の好意に甘えすぎた結果です。大好きな彼とこのような別れ方をするのは、あまりにも勿体ないですよね。

彼氏に主導権を握られる事がない

みなさんは、彼氏に引っ張ってもらいタイプですか?引っ張りたいタイプですか?

主導権というのは、実は多くのカップルが抱えている悩みの一つで、どららかが主導権を握った状態で付き合いが長くなればなるほど、二人の関係の「バランス」が悪くなってしまいます。付き合い始めた頃は、「なんでもリードしてくれてかっこいい!」なんて思っていても、その関係が長い間続くと「いちいち口出ししてきてもう嫌・・・」ときっと感じてしまうでしょう。価値観の違いに気が付き始めると、さらにバチバチな関係になってしまうのです。

お互いの事を尊重し合って、バランス良く付き合うのが理想的な交際ですが、お金によってこのバランスが崩れる事が実はあります。そして、その主な原因が実はお金だったりするもの。男性でも、無意識に主導権が握りたいからこそ奢る人も中にはいますよ!

お金によって主導権を握るのは、そう難しくありません。「デート中の支払いをすべて負担する男性」と「デート中の支払いをすべて奢ってもらう女性」を比較してみると、男性の方が主導権を自然と握ってしまうのです。

主導権を握られてしまうと、あらゆる場面でトラブルを引き起こしてしまいます。例えば、彼に不満があるとしましょう。片付けをしない、平気でドタキャンをする、一緒にいるのにずっと携帯を見ている。この時、主導権を握られてしまうと、彼に対してダメ出しができなくなってしまいます。また、ダメ出しをしたところで、「なんだよ、俺の方が偉いのに・・・」と思われてしまう可能性もあるのです

そう、主導権を握られてという問題がまさにこれ。上下関係ができてしまい、お互い持つべき尊重の気持ちが薄れてしまうでしょう。

お互いの事をしっかり尊敬し、リスペクトをする事で信頼関係が生まれます。バランスが取れていなくて、彼氏が主導系を握っていると、最悪の場合結婚した後などに暴力に繋がる事もあるので、どちらかが主導権を握るというのは理想的な関係ではありません。

お互い自立した関係が築ける

「依存」という言葉を聞いた事があるという女性も多くいる事でしょう。ありがちな依存症といえば、「アルコール依存。」アルコール依存は、「アルコールが辞められない」人を想像しますよね。アルコール依存は怖いもので、一度はまってしまうとなかなか抜け出せません。

恋愛依存も、実は同じくらい怖い依存症で、多くの女子は無意識にその罠に引っかかってしまいます。気づいたら彼氏が生活の中心になっている事もあるでしょう。

どんな状況でも彼氏を優先してしまったり、「彼がいないと生きていけない!」なんて思った事はありませんか?彼氏から連絡がこないと不安になったり、ちょっとした事でも疑ってしまう事もあるかもしれません。それは、彼に対しての愛ではなく、ただの依存なのです。

あまりにも彼氏に依存してしまうと、一人で生きていくのが難しくなってしまいます。お金ももちろん、そうですよ!例えば、今までは彼氏に奢ってもらっていたのに、別れるとなると精神面だけではなく金銭面でも苦労する事になるでしょう。

「自立」という言葉を定義するのは難しいですが、「彼」「自分」を切り離して考える事がまず大事です!自分は自分、彼は彼。お互い、自分だけの時間を作ったり趣味を持ったり、お金も「自分の分は自分で出す」事が実は関係を長く続かせるコツなのです。

彼の事が大好きなのであれば、お互い自立した関係を築くようにしてみましょう。その第一歩として、まずは割り勘をしてみるのがおすすめですよ!

人生、恋愛がすべてではないという意識を持つことによって、お互いへの愛も深まるでしょう。結婚した後も、ラブラブな関係でいられる可能性も高くなりますよ。

デート中の支払いを割り勘にしたいのに、させてくれない彼氏の対処法

どんなに自分は割り勘がしたいと思っていても、割り勘させてくれない男性も中にはいると思います。価値観の違いは、そう簡単に分かりあえるものではありませんよね!

プライドが高い男性や、奢る事が普通だと思っている男性であれば、なかなかお金を出させてくれない!なんて事もあるかもしれません。そんな時に試してみたい、効果的な対処法があるのでぜひ参考にしてみてください。

さりげなくお返しやお礼をする

まず初めに、さりげないお返しやお礼がおすすめです。デート中の支払いはすべて彼氏が持っているのであれば、ちょっとした時にさりげなくお礼しサービスしてあげましょう!

例えば、いつも奢ってくれる彼氏にサプライズでプレゼントを買ってあげたり、たまには家で手作り料理でサービスしてあげたり、家に遊びに行くときはお酒を持っていってあげたりと物でお返しするのがおすすめです。

食事をする時にいつも彼が出してくれるのであれば、料理をして奢り返しちゃいましょう。その代わり、材料はすべて自分で持つようにしてみてください。

目には見えない、さりげないお返しやお礼が上手にできると好感度もきっと上がります!さすがに、わざわざ料理代まで後で全部お返しするなんて男性はいないと思うので、ぜひ試してみてくださいね。

もし、後で「材料代」と言ってお金を渡されそうになったら、「家にあったものだから大丈夫~」とさりげなく交わしてみましょう!

プライドを傷つけないように話し合う

お返しやお礼どうこうではなく、どうしても彼が奢る事に対して不満を感じているのであれば、直接彼に話をしてみましょう。

カップルで、何か問題が起きた時には基本的に話をして解決するのがおすすめです。自分の気持ちをしっかりと伝える事で、お互いの仲も深まります。逆に、自分の思った事が言えない関係はすぐに壊れてしまいますよ。

プライドが高い彼氏に、「割り勘にしてほしい」と伝えるのは確かに難しい事。ですが、だからこそ彼氏のプライドを傷付けないように話してみるのが大切なのです。

いきなり、「今度から割り勘にしたいんだけど・・・」と言うのではなく、例えば「どうせ、将来お財布一緒になるんだから出すよ~」と軽く言ってあげると良いかもしれません。

話をする時は、「割り勘にしたないと、上下関係が崩れると思う」なんて直接的な事は絶対に言わないであげてくださいね。仮に、彼が無意識にそう思っていたとしても、最終的に喧嘩で終わってしまいますよ!上手に、ドキッとするような事を投げかけながら割り勘にしてもらうのが理想的です。

カップルによって正しい答えは変わるけど、割り勘にした方が間違いなく無難

今回、お金にまつわる男性の心理状態を深堀していきましたが、みなさんどう思いましたか?お金が、意外にもトラブルの元になるなんて想像していなかった人も多くいるかもしれません。

繰り返しになりますが、結局はカップルによっては変わってきます。「割り勘する男性は無理!」なんて人も中にはいる事でしょう。もちろん、その気持ちが間違っているという訳ではありません。奢られたい女性や、奢りたい男性が交際すれば、男性が奢るという事が二人にとって最も理想的な方法だと思います。奢られ続けられたいという女子は、お礼を忘れずにしてくださいね!

ですが、どちらにしても「奢る」という行為がそうシンプルではないという事を頭の中に入れておく事が何よりも大切ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新卒として自社メディアを持つベンチャー企業に入社。編集者、ライターとして社会人デビューを果たし、一年半で2度転職する。最終的には愛犬のためにフリーランスとしてキャリアをスタート。現在はライティングや翻訳を中心に活動している。また、ライターや翻訳者としてのスキルアップを目指しながら、同時に心理学を勉強中。将来の夢は、生まれ育ったNYに戻りのんびりと仕事をしながら愛犬と一緒に暮らす事。美味しいお酒、ご飯、そして愛犬が生きがい。