【喧嘩別れだけはダメ!】大好きな彼氏と喧嘩してしまった時、試してみたい仲直りの方法

【喧嘩別れだけはダメ!】大好きな彼氏と喧嘩してしまった時、試してみたい仲直りの方法

みなさんは、大好きな彼氏と喧嘩をした事はありますか?

できれば喧嘩は避けたいと思っている女性も多いと思いますが、それでも喧嘩はしてしまうもの。恋愛をしている中でお互いの考えや行動に納得できなかったり、価値観が違っていると喧嘩は避けて通れませんよね!相手の事が大好きで、より良い関係になりたいという気持ちがあるからこそ喧嘩になってしまう事もあると思います。

喧嘩をすればするほど、実は相手の事をよく知るきっかけになります。ですが、間違えた対処法をしてしまうと余計に喧嘩が大きくなってしまい、結果、喧嘩別れになってしまう事も・・・。そうならないためには、上手に仲直りをする事が大切なんですよ!

そこで今回は、どんな大人の女性も絶対に知っておきたい上手な喧嘩の仲直り方法について紹介していきます。後悔しないお付き合いをしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。喧嘩は避けては通れないものだからこそ、一つ一つの喧嘩をチャンスに変えていきましょう!上手に仲直りをする事で、今まで以上に彼氏との絆も間違いなく深まります。

彼氏と喧嘩した時は喧嘩別れしないためにも仲直りが大事!

仲直り

お互いプライドが高いカップルの場合、仲直りをするのに時間がかかったり、どうしてもダラダラと喧嘩が続いてしまう事がありますよね。私もその一人で、相手が悪かったにせよ自分が悪かったにせよ、どうしても「ごめんね…」と言えないタイプ。素直に謝れなかったり態度で示せないという気持ちがよく分かります!ですが、それでもやはり上手に仲直りをする事が大切なのです。

喧嘩を放置したり、ちゃんと仲直りをしないと喧嘩別れに繋がる可能性があります。「喧嘩別れになるという事は、それだけの人」と思う人もいると思いますが、喧嘩別れほど嫌な別れ方はありません!どんなカップルでも、できれば喧嘩別れにならないように仲直りをしたり、ちゃんと話し合う事が大切なのです。その理由について、まず紹介していきますね。

喧嘩別れすると復縁が難しくなる

復縁を考えた事があるという女性はもう既にご存知かもしれませんが、喧嘩別れをしてしまうと復縁できる可能性が低くなるのです。とは言え、きっとみなさんの周りにも別れて付き合ってまた別れて…と喧嘩をするたびに「別れる癖」が付いているカップルもいると思いますが、これは結局安定した関係性が構築できていなく、全体的にバランスが崩れてしるので「復縁」とは少し違います。

喧嘩別れをするという事は、お互いの事を受け入れる事ができずにそのまま離れ離れになってしまったという事。お互い、自分が折れて謝るほど「相手の事が大切ではない」という印象を無意識に与えてしまうのです。

喧嘩をしている時や実際に喧嘩別れをする時は、復縁について一ミリも考えないと思います。相手に対してイライラしたり、怒りの気持ちがあるのだから、復縁を考えないのも当たり前な事ですよね!ですが、気持ちが落ち着いた時や一人になった時、またいざ別れると決意した時に相手の事が恋しくなるもの。喧嘩別れという衝突的な別れ方をしたからこそ、復縁を望む可能性も実は高くなってしまうのです。

ですが、どんなにあなたが復縁したいと思っていても、相手がすぐに心を開くとは限りません。むしろ、可能性としてはとても低いのです!最後に会った時の印象が悪いからこそ、復縁したいという気持ちになりにくくなってしまいます。

もちろん、喧嘩の内容や彼の性格によっても復縁できる可能性というのは変わってきます。ですが、お互い負けが認められないくらいプライドが高く、そのプライドを守るために相手を別れているのだから、復縁はきっと難しいでしょう。そうなってしまった以上、二人の関係性について考えるのではなく新しい出会いを求めた方がもしかしたら良いのかもしれません。

今すぐに復縁したいと思っていなくても、いつしか復縁を考える時がやってくる可能性も十分にあります。喧嘩別れをする事によって、その可能性をぐっと下げてしまうのです!これは、かなり勿体ないですよね。また、間違いなく後悔する事になるでしょう。復縁の可能性を少しでも残すために、喧嘩別れはできるだけ避けた方が良いのです。

後悔したくないという人は、喧嘩別れをしないように気を付けましょう。喧嘩別れをしないためにも、上手な仲直り方法を覚えておく事がおすすめですよ。

お互い納得のいかない別れ方になってしまう

そもそも喧嘩別れをするという事は、すべてその時の気分や勢いで大好きな人と別れを決意するという事。確かに、怒っている間は「もうやってられない!」と思うかもしれませんが、冷静な気持ちになった時、彼に対する気持ちも変わっていると思います。

本当に心から愛した人なのに、喧嘩別れをしてしまうのはもったいないと思いませんか?別れるという方向に話が進むのであれば、せめてお互い納得してから別れたいと思いますよね?

もちろん、別れの原因によっては納得いかないものもありますし、彼の都合で別れを告げられる可能性もあると思います。ですが、喧嘩別れというのは間違いなく二人とも100%納得できない別れ方になってしまうので、どちらかが納得している状態とは少し変わってきます。お互い怒った状態で別れるのだから、納得のしようがないですよね。

二人とも納得のいかない喧嘩別れは、別れた時にも気持ちはすっきりしません。また、立ち直るにも時間がかかるでしょう。「あの時、なんであんな事言ったんだろう?」「もし、あの時私が謝っていたらまだ付き合っていたのかな…?」と冷静になればなるほど後悔してしまいます。そして、彼の事が忘れられなくなり、結局は未練だけが残ってしまうのです。

お互いがすっきり、未練を残さずに別れる方法というのは確かにそうありませんが、せめて一人が納得している別れ方であれば振られた方も前に進みやすくなります。ですが、二人とのも勢いや怒りに任せて喧嘩別れをしてしまうと、お互いずるずると引きずる事になり、相手の嫌な部分だけ記憶に残った状態で関係が終わってしまうでしょう。

悪い思い出が強く残ってしまう

最後に、喧嘩別れは間違いなく嫌な思い出が強く残ってしまいます!これは、女性も男性も同じです。喧嘩をした時が最後に会った時だからこそ、二人の恋愛関係を思い返してみるとぱっと浮かぶのがそのシーン。まさに、喧嘩別れをした事が強く印象に残ってしまうのです。

大好きだった彼との楽しい思い出もきっとあったと思います。付き合いが長いカップルは、一緒に新しい事を経験したり、さまざまな事を乗り越えた事でしょう。ですが、それがすべて喧嘩別れをした事によって、キラキラとした楽しい思い出が、暗い思い出に塗り替えられてしまうのです!よく考えてみると、少しゾッとしますよね。

また、そこからどんどんお互いの嫌な部分を思い出してしまう可能性があります。人間、誰もが「悪い部分」を持っていて、その悪い部分が強く印象として残ってしまうともうそれは最悪。このような思い出は、何年経っても心から消えないものなのです。

大好きだった彼との思い出が、悪い思い出ばかりなのは本当に勿体ない事。彼の事を思い出した時、彼の怒った表情や言葉しか思い浮かばないとなると、むしろ付き合った意味がなくなってしまいますよね。せっかく大好きな人と一緒だったかのだから、喧嘩別れをせずに二人の良い思い出を残しておきたいもの!そのためにも、喧嘩した時は上手に仲直りをする事が重要になってくるのです。

まずは冷静になって喧嘩の原因についての理由を考えよう

喧嘩をした勢いで別れてしまうデメリットについて見たところで、次に喧嘩をした場合にまず考えたい事について紹介していきます!相手に対してイライラする気持ちも分かりますが、まずは冷静になって客観的な気持ちを取り戻す事が何よりも大切なのです。

どうしても感情が抑えられないのであれば、一度自分だけの時間を作りましょう。怒りに任せて彼を傷つけてしまう前に、その場から離れることがおすすめです!これは決して逃げではありません。少しの間、相手と距離を取ることで冷静な気持ちを取り戻す事ができるという事を覚えておきましょう。

どちらが悪いのか、ではなく喧嘩のきっかけを洗い流す

喧嘩をすると、どうしても「どっちが悪いのか」について考えてしまうと思います。これは、女性も男性も当たり前な事ですよね!

ですが、上手に仲直りをするためには「どっちが悪いのか」ではなく「喧嘩のきっかけ」を思い返してみるのがおすすめです。そうすることによって、その喧嘩を客観的に見ることができるようになりますよ!

考える時に気を付けたいポイントについて、見ていきましょう。例えば、

  • 喧嘩をする前の状況
  • 何がきっかけで喧嘩になったのか
  • どちらが先に反応をし喧嘩になったのか

について考えてみてください。

例えば、彼の浮気が原因で喧嘩になったとしましょう。どうしても、「彼の浮気が許せない!!」という気持ちになってしまうと思いますが、心を落ち着かせてみてください。浮気の話をする前は、何をやっていたのか。どのようにして浮気が発覚し、どのような言い合いになったのか。また、どちらが大きく反応を示したのかについても、客観的に思い返してみてください。「彼が悪い」という気持ちは一旦横に置いておいてくださいね。

きっかけについてしっかりと思い返してみると、頭の整理も付きやすくなります。その上で、「どちらが謝罪をするべきなのか」をしっかり判断してみましょう!明らかに自分に非があるのであれば、冷静な気持ちを忘れずに彼に謝った方が良いかもしれません。もし、彼に非がある場合は謝るのではなくしっかりと話し合いをしてみてくださいね。

彼に対して言った言葉を思い返してみる

次に考えてみたいのが、彼に対して自分が言った言葉です。喧嘩となると、そこまで言葉の意識をせずに頭の中にぽんぽんと浮かぶ言葉をそのまま発してしまう事がありますよね。その言葉によって、彼を傷つけている可能性もあります。何も考えずに、取り返しの付かない言葉を間違えて発してしまう事もある事でしょう。

だからこそ、どのような言葉を使ったのか思い返してみる事が大切なのです。

考える上で洗い流して欲しい重要な言葉は、

  • 彼に言ってしまった「悪い言葉」
  • 人を傷つけてしまうような言葉
  • 自分は言われたくない言葉

などです。喧嘩をしている時、どうしても感情的になってしまい人は無意識に思ってもいない事を言ってしまう傾向があります。もし、この三つのポイントに当てはまるような言葉を言ってしまったのであれば、間違いなく彼に謝罪する必要があるという事を覚えておいてください!喧嘩の原因が何であろうと、人を傷つけるような言葉を言うのは良くありません。謝るべきだと思いますよ!

彼に言われた言葉について考えてみる

最後に、彼に言われた言葉についても思い返していましょう!これも、喧嘩をした後、上手に仲直りをするためにも覚えておきたい重要なステップになってきます。

彼に何を言われたのか思い出してみる事で、より客観的に二人の喧嘩の原因や理由が分かるようになります。また、今までは理解できなかった彼の気持ちにも共感できる可能性が高くなるのです!もちろん、思ってもいない事を口に出した可能性もありますが、心のどこかで本当はずっと考えてきた事や、今まで言いたかったのに言えなかったような事を勢いで言ってしまった可能性もあります。一つ一つの言葉を思い返すのは難しいですが、もし一つでも彼の言った言葉が思い出せるようであれば紙に書いておきましょう。

彼に言われた言葉を把握しておくと、後で話し合いをする時にも役に立ちます。喧嘩の理由や様子が客観的に見えるだけではなく、自分の気持ちとも向かう事ができるかもしれません!また、話し合いをする時に、彼の言った言葉を復唱する事ができるので、説得力も上がり彼もあなたの話に耳を傾けてくれるでしょう!

確かに難しい事ではありますが、喧嘩をした時の状況をよく思い出してみてください。本心とプライドがごちゃ混ぜになる事もあると思いますが、一つでも彼の言った言葉をピックアップしてみると、冷静な気持ちになりやすくなります。また、考えるだけではなくしっかりメモを取ってみてくださいね!その時に思い出しても、仲直りをする時に思い出せないと意味がありませんよ。

喧嘩をした時に試してみたい仲直り方法

夕日

一人になって冷静な気持ちを取り戻したら、上手に仲直りをしていきましょう!仲直りをする時に覚えておきたいコツがいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてください。すっと仲直りをするためにも、頭の中に入れておきましょう!

また、上手な仲直りとは決してあなたが謝罪するという事ではありません。先ほどご紹介した考え方を実行してみて、あなたにも謝る必要があるという判断をしたのであれば、謝りましょう。ないのであれば、あくまでも「話し合い」の機会を作って自分の気持ちを伝えるためにも、彼に連絡を取ってみるのがおすすめです。

それでは実際に紹介していきますね!

電話で素直に謝罪する

まず、最もおすすめしたい謝り方が「電話」です。喧嘩をした後は直接会って話した方が良いんじゃないの?と思っている人もいると思いますが、実は電話をする事によって仲直りの可能性を高めることができるのです。もちろん、それには理由があります!

例えば、電話を使うという事は相手の顔が見えないという事。これにはあらゆるメリットがあります。

  • お互いの表情が見えないからこそ冷静な気持ちを保つことができる
  • 言いたい事を紙にまとめて伝える事ができる
  • 距離があるので対面している時ほど沈黙が気まずくない
  • 仲直りをして初めて会う時、新鮮な気持ちになる
  • 意地を張る可能性が低くなる

意外にメリットが多いのは、驚きですよね!別れ話となると、確かに電話よりも直接会って話した方が良いのですが、仲直りをするためには程よい距離感が大切になってくるのです。また、客観的に相手に話してあげると、喧嘩の理由や原因をしっかりと二人で振り返ることができます。そのためには、メモがあると便利ですよね!電話だと、顔が見えないので自分の考えをまとめたメモを読みながら話せます。

また彼に電話をした時には、「謝るため」や「話し合いの電話」という会話の始め方を避けてみると良いかもしれません。
例えば、

  • 「いきなり電話してごめんね。どうしても声が聞きたくて・・・」
  • 「寂しくて夜も眠れれないの・・・」

など少し柔らかめの言葉をかけてあげるみましょう!相手がまだヒートアップしている状態だと、電話をしてもすぐに切られてしまう可能性があります。だからこそ、あえてこのような言葉から会話をスタートしてみるのがおすすめなんですよ!いきなり謝ったり、「喧嘩について話がしたくて」と言わないように気を付けてくださいね。

音信不通の場合は直接会いに行く

もしどんなに電話をしても音信不通の場合は、直接会いに行ってあげると良いかもしれません。不安な気持ちを抱えたまま悩んでしまうよりも、行動に移した方が良いですよ!ただし、音信不通だという事は、彼はあなたに対してまだ怒りが残っているという可能性もあるので注意してみてくださいね。まだ冷静な気持ちを取り戻せていない状態で無理に話をしてしまうと、結局は何も解決せず、より喧嘩が大きくなってしまう可能性があります。これは、何よりも避けたい事ですよね。

音信不通でなかなか連絡が返ってこない場合、まずは彼の様子を伺ってみましょう。友達などを通して、彼がどうしているのか聞いてみると安心です。彼がまだ怒っているようであれば、もう少し待ってみると良いかもしれません。お互い、冷静になった状態で話し合う事が何よりも大切ですよ!

結局、会えたは良いけど喧嘩で終わってしまうと、最悪別れに繋がる可能性があります!タイミングを見極めてから、会いに行きましょう。

喧嘩の内容が重い場合はある程度の期間を取る

喧嘩をした後、すぐに話し合いをして仲直りをした方が良い時もあれば、お互い少し時間を取ってから話し合った方が良い場合があります。これは、喧嘩の原因によっても大きく変わってくるという事を覚えておきましょう。

喧嘩の原因はさまざまですが、例えば

  • お互いの価値観がすれ違った時の喧嘩
  • 相手に対しての不満
  • ちょっとした言い争い

などの場合は、どちらかというと内容が軽いので、謝ったりすぐに話し合いをしておくのがおすすめです。価値観が違ったり、相手に対して不満を持つというのは当然な事。違う人間だからこそ、納得しない事もあると思います。ですが、付き合い続けるためにはお互い受け入れることが大切です!1日が終わってしまう前に、しっかりと話し合って、心もすっきりさせちゃいましょう。

逆に、重い喧嘩の例もあるので参考にしてみてください。

  • お金に関する喧嘩
  • 相手の浮気や自分の浮気
  • 嘘ついた事がバレた
  • 相手の友達や家族を侮辱した・侮辱された
  • 今まで溜め込んでいた不満が一気に爆発した

このような揉め事をした場合は、すぐに仲直りをするのではなく、お互いある程度の考える時間を取ってみましょう。その日のうちに仲直りがしたいという気持ちも分かりますが、すぐに解決するような内容ではありません。一旦、喧嘩を家に持ち帰って一人で考える時間を作ってみましょう。これから先、彼と付き合えるのか。本当に彼と一緒に過ごしたいのかもう一度よく考えてみてくださいね!

せめて、1週間は彼と話さない期間を設けた方が良いかもしれません。その間、不安になってしまうと思いますが、これはお互いのためです。後悔せずに付き合い続けるためにも、自分なりに考えて答えを出しておきましょう。

相手の言葉にしっかりと耳を傾ける

喧嘩をする時、「相手の言葉が一切、耳に入ってこない」なんて事はありませんか?私はまさにそのタイプで、彼氏と喧嘩をすると相手の言葉を一切聞かずに自分の思っている事をベラベラと言う癖があります…。もしかしたら、中にも同じように喧嘩をしてしまうという女性もいるかもしれません。

喧嘩の時は、相手の言葉を聞かないというのはもはやしょうがない事。ヒートアップしているからこそ、どんなに冷静な気持ちを保とうとしてもコントロールが利かなくなってしまいますよね。ですが、だからこそ仲直りをする時には相手の言葉にしっかりと耳を傾けることが大切なのです。

彼と仲直りをする時に意識してみたい事がいくつかあるので紹介していきますね。

  • 「でも…」という言葉はなるべく避ける
  • 彼が話し終えた時に、自分の意見を言う
  • 目を見て頷きながら話す

相手の言葉をしっかり聞いてあげないと、「こいつと話をするの、意味ないし面倒くさい」と思われてしまう可能性があります。喧嘩をきっかけにラブラブになるカップルは、どんなに相手の言葉を聞いて受け入れられるか、によって大きく変わってきますよ。一つ一つの言葉を真剣に受け止めて、その上で自分の考えを話してみるという事がまさに大人の上手な仲直り方法です。

仲直りをする時は深呼吸をして心を落ち着かせた状態で話をしてくださいね。ここでまた爆発をしてしまうと、同じような喧嘩の繰り返しになってしまいます!

感謝しながら話し合いをする

彼に対してまだ怒りの気持ちが残っていると、その気持ちをストレートにぶつけてしまう事もあると思います。ですが、どんなに怒っていても相手に感謝の気持ちを伝えながら話し合いをする事がおすすめです!喧嘩をすると、どうしても「相手が間違っていて自分が正しい」と思い込んでしまいますよね。そしてお互い「自分の方が上で相手の方が下」だと無意識に思ってしまうものなのです。

プライドが高ければ高いほど、この気持ちがどんどんと膨らみ結局「謝る」事ができなくなってしまいます。その上、まだ怒りの気持ちが残っていると相手を傷つけるような言葉を再度言ってしまったり、仲直りするどころか悪い方向に喧嘩が進んでしまう事もあるのです。

そんな時、心を落ち着かせて冷静になるためにも相手に感謝をしながら話し合う事が大切です。彼の良い所好きな所をしっかりと伝えてあげながら、素直に自分の気持ちを言ってあげると喧嘩も丸く治まる可能性があります!彼の心理状態をポジティブにしてあげることが大切ですよ。また、感謝の気持ちを持つことで、彼もきっとあなたに感謝するでしょう。

これこそが、まさに上手な仲直り方法です!怒りの気持ちを抑えて、客観的に話をするためにも感謝の気持ちを持つようにしてみてくださいね。ポイントは、頭の中で考えるだけではなく相手にもその気持ちを伝えてあげるという事です。

どうしても気まずい場合は無理せず待つ

喧嘩をした直後、気まずくなるカップルもいると思います。

例えば、もし学校や職場が彼と一緒の場合は、ばったり廊下で会う可能性もありますよね。仲直りをしていない状態でばったり会ってしまうと、間違いなく気まずくなります。

逆に、相手としっかり話がしたくて連絡してみたのに、何となく気まずい空気が流れてしまう事もある事でしょう。長い沈黙が続いてしまうなんて事はみなさんありませんか?

そんな時は、無理して仲直りをする必要はありません。職場や学校でばったり会った時も、変に無視したり接するのではなく、軽い挨拶程度で済ませておきましょう。また、気まずい空気が流れた時は、一旦離れてみると良いかもしれません!気まずい空気をどうにかしようと思ってしまうと、お互い編に緊張してしまいしっかり仲直りができなくなってしまいます。気まずいという事は、まだまだ二人とも冷静な気持ちを取り戻していないという事。もう少し時間を空けてみるのがおすすめですよ。

そのまま別れてしまうカップルというのも、もちろんいます。いわゆる、「自然消滅」ですよね。ですが、本当にお互いの事が好きなので、あればどんなに時間が経ってもお互いの事を受け入れることができるはず。また、待つことによって、もしかしたら彼の方から謝ってくるかもしれません!

ただしこれは、どうしても気まずい場合のみ試してみてくださいね。喧嘩をするたびに彼が謝ってくる事を待つ、というのはおすすめできませんよ。

これだけはNG!絶対に避けたい仲直り方法

上手に仲直りをする方法もあれば、逆に絶対にやってはいけない仲直り方法もあります!カップルによって多少変わってくると思いますが、傾向としてできれば避けた方が良い仲直り方法というのもあるので、紹介していきますね。ちなみに今回ご紹介するポイントは、私自身がやってしまった仲直り方法でもあります・・・。

長いメールを送る

まず初めに、長いメールは最適な仲直り方法とは言えません!喧嘩をしてしまい、お互い家に帰った時に長いメールを打ってしまう人もいますよね。気持ちは分かります。私もまさに、その一人でした。

喧嘩をしたままだと、どうしても不安になり夜も寝れなくなってしまいます。「相手に嫌われたかも」「もしかしたら振られるかも」なんて考え始めるとキリがないですよね。そのモヤモヤを取り除くためにも、私はよく喧嘩をした後に長文メールを送っていました。また、喧嘩してすぐに連絡をするという事が愛情表現の一つだと勘違いしていたのです。

口頭だとどうしても言いたい事が言えなくなってしまうからこそ、メールで彼に気持ちを伝えたい。そう思ってしまう時もあると思いますが、なるべく避けることをおすすめします。

長文メールだと、

  • 相手が重く感じてしまう
  • メールをちゃんと読む気がなくなる
  • 返信する気がなくなる

可能性があります。

そして、長文メールを送ったのにも関わらずなかなか返信が返ってこないと、逆にあなた自身もストレスになってしまうでしょう。お互い、ストレスを与えるものこそが、この長文メールなのです!また、ダラダラと言いたい事を言葉にして並べても、相手には伝わりません。

私も以前付き合っていた彼氏と喧嘩した時に長文メールを何度も送った事がありましたが、結果振られてしまいました。その時は、自分が振られてしまった理由も分からず泣き崩れました…。今になって考えてみると「対処の仕方」がそもそも間違えていたのだという事が分かります。

長いメールというのは相手にプレッシャーを与えるだけではなく、その人の「本質」も見えてきます。彼と喧嘩をした時、彼から長いメールが送られてきたとしましょう。みなさんは真っ先に、どう思いますか?きっと誰もがうんざりしてしまい、彼が重く感じることもあるでしょう。

そもそも、仲直りをするのにメールは最適だとは言えません。電話をして話し合いをするか、必要であれば直接会いに行ってくださいね。メールは確かに楽ではありますが、あまりにも頼りすぎてしまうと、彼との関係も取り戻す事ができなくなってしまいますよ。

逆に、意地を張って冷たいメールを送ったり、ちゃんと返信をしないというのもおすすめできません。

毎回自分から謝ったり、一方的に「ごめんなさい」と言う

みなさんは大好きな彼氏と喧嘩をした時、なぜ彼が怒っているのか分かった上で謝っていますか?また、本当は彼が悪いのに謝ったりはしていませんか?

お互いの気持ちのバランスが取れていないカップルは、実はこれが何よりも起こりがちの問題。どちらかが毎回謝っていたり、「ごめんなさい」という言葉が一方通行の場合は、危険信号かもしれません!

彼の事が大好きだから、振られたくない。彼を手放すくらいなら、彼が悪くても自分が謝る!あまりにも彼の事が好きだと、このような気持ちになってしまう事がありますよね。となると、どんなに彼が悪くても、お互いに非があったとしても、毎回謝罪するのはあなたになってしまうのです。

そして、そこからこの恋愛に力関係が生まれてしまいます。これから彼と喧嘩をする事があっても、彼から謝ってくる事は恐らくありません。また、彼もあなたの言葉を受け入れる事もないと思います。プライドを捨てる必要もないので、どんな喧嘩でも彼はあなたが謝ってくる事をひたすら待ち続けるでしょう…。

いくら彼と仲直りができたとしても、このようなバランスの崩れた関係は長続きしません。むしろ、関係が悪化する事もあります。

例えば、

  • あなたが彼の言いなりになってしまう
  • 暴力に繋がる
  • 同等な立場で付き合う事ができなくなる

可能性が出てきてしまうのです。

本当に大好きな人だからこそ、喧嘩はしたないしできるだけラブラブな状態でいたいですよね。痛いほど、気持ちは分かります。ですが、最終的に傷つくのは自分だという事を覚えておきましょう。

言いたい事は我慢せずに言う

みなさんは彼と喧嘩をした時や仲直りをする時、言いたい事をしっかりと言えていますか?

喧嘩の原因が何であったとしても、彼に対する不満や改善して欲しいと思う部分などさまざまあると思います。とは言え、彼の事を傷つけたくない、嫌われたくないという気持ちに押しつぶされてしまい、言いたい事も我慢してしまう事は誰もが通る道でしょう。

我慢するという事と、冷静な気持ちを持つという事は全くの別物だという事をまずは頭の中に入れておきましょう。冷静な気持ちになるという事は、深呼吸をして心を落ち着かせ、相手の言葉を受け入れるという事です。我慢をするという事は、相手の言葉を受け入れるという姿勢ではなく、自分の気持ちを押さえつけるという事。我慢をしてしまうと、問題が解決するどころか彼に対する不満を徐々に溜め込む癖がついてしまいます!

お互い居心地の良い関係を作り上げていくためにも、我慢せずに自分の思っている事や感じている事をしっかりと言葉に落とし込んで、相手に伝えてあげましょう。言葉にする事で、お互いに対する理解力もより深まり、二人の絆も強くなっていくものなのです。

自分が我慢する事で関係が長続きしたとしても、それはあなたに取ってメリットが一つもありません。いつしか、その不安が爆発してしまう事もありますし、そもそも彼と一緒にいることに疲れを感じてしまうでしょう。どちらかが我慢をすると、結果別れに繋がってしまうという事を覚えておいてくださいね!

我慢をせずに話をするためには、

  • まずは自分の気持ちを整理する
  • 文字に落とし込んで紙に書いてみる
  • 普段から自分の主張を持つ癖をつける
  • 「相手が傷つく」という気持ちは捨てる

事が大切です。

仲直りをする時、我慢は必要ありません。我慢をするのではなく、冷静な気持ちを持って客観性を意識しながら、自分の気持ちを伝えてみてくださいね!

過去の話を持ち出す

最後に、過去の恋愛などの話を持ち出すというのは間違いなく避けておきたいポイントです!喧嘩をする時、ついつい彼の過去の話を持ち出してしまった…という女性もいると思います。例えば、浮気が原因で喧嘩になったとしましょう。もし過去にも彼の浮気が原因で喧嘩をしたのであれば、ついつい「あの時も〇〇君は浮気したよね!?」と言いたくなってしまいますよね。ですが、だからこそ仲直りをする時は、できるだけ彼の過去については触れないようにする事が大切なのです。

彼の過去の話を持ち出してしまうと、今の彼を受け入れるという気持ちではなく、「今までの彼を責める」という心理がが生まれてしまいます。どうしても彼が悪いと思ってしまうと、確かに彼の過去について触れながら、彼に怒りの気持ちをぶつけたり、説得したいという気持ちになってしまうでしょう。ですが、今の喧嘩は今の喧嘩。過去は関係ありませんよ!

私も昔、当時付き合っていた恋人と喧嘩をした時に私自身の過去を掘り起こされた事があります。確かに私が悪かったのですが、過去の話を持ち出された時には正直イラっとしました。過去は過去で、その時にその問題は解決したはずなのです。それなのに、全く違う喧嘩をした勢いで過去を持ち出すのは、おかしな話です!

仲直りをする時も、「だって〇〇君、昔は…」なんて間違えても言わないようにしてください!過去の話を掘り起こしてしまうと、解決するはずの喧嘩もずるずると引きずる事になってしまいますよ。過去の話をせず、今の話をお互いしていきましょう!

仲直り後は気持ちを切り切り替えてポジティブな気持ちを取り戻そう!

みなさん、いかがでしたか?

上手に仲直りをするためにコツとして間違いなく覚えておきたいのが、「相手の立場に立ってみる」という事。喧嘩をする時、どうしてもお互いの考えを拒否してしまったり、相手が何をどんな気持ちでいるのか分からなくなってしまいます。彼が何を考えているのか知るためにも、まずは時間を取って彼との喧嘩を振り返ってみましょう。

一人で考える時間を作るだけでも、冷静になり気持ちを落ち着かせた状態でしっかりと話ができるようになります。また、自分だけではなく相手も話す心の準備ができるまで、待ってあげましょう!

二人でしっかりと話し合って仲直りをする時は、「悪い方が謝罪する」のではなくお互い謝るように心がけてみてください。もしかしたら喧嘩の原因があなたの可能性もあれば、彼の可能性もあると思いますが、喧嘩をするという事はどこかできっと彼を傷つけるような言葉を発してしまっているはず。原因が何であれ、お互い傷つけるような言葉を言った可能性があるので、その事に対して彼に「ごめんなさい」と伝えてあげましょう!

また、仲直り後にはどのようにして彼と会えば良いのか、不安になってしまう人もいると思います!久しぶりに会って気まずい空気が流れたらどうしよう…なんて、ドキドキしてしまいますよね。もし、電話をして仲直りをしたのであれば対面でもう一度謝っておくと良いかもしれません。逆に、直接会って仲直りをしたのであれば、何事もなかったようにいつも通り接してあげるのがおすすめですよ!

人によっては、喧嘩をした時に彼女にプレゼントをあげて機嫌を取ろうとする人もいるとは思います。確かに、プレゼントをもらうと機嫌がよくなる事もあると思いますが、しっかり話し合いをする事は大切です。

どちらにせよ、ポジティブな気持ちに切り替えることが何よりも心がけましょう。一つ一つの喧嘩を乗り越えると、彼との絆もきっとより深まっていきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新卒として自社メディアを持つベンチャー企業に入社。編集者、ライターとして社会人デビューを果たし、一年半で2度転職する。最終的には愛犬のためにフリーランスとしてキャリアをスタート。現在はライティングや翻訳を中心に活動している。また、ライターや翻訳者としてのスキルアップを目指しながら、同時に心理学を勉強中。将来の夢は、生まれ育ったNYに戻りのんびりと仕事をしながら愛犬と一緒に暮らす事。美味しいお酒、ご飯、そして愛犬が生きがい。